1 報酬

 

ファイナンシャルプランナーとしては、退職後のライフプラン(リタイアメントプランニング)と相続・事業承継設計が専門分野です。

行政書士として書類を作成する場合は、以下のとおりです。(別途消費税がかかります)

☆相続開始前

○生前3点契約書(財産管理の委任契約書・任意後見契約書・尊厳死宣言書)作成サポート

・・トータルで10万円(公正証書を作製するため、別途実費が必要です。)

○死後事務委任契約書・・・5万円(公正証書の場合は別途実費が必要)

☆遺言書の場合(自筆の場合は、メールでのやりとりも可)

自筆証書遺言の添削(原則1回):2万円

自筆証書遺言の作成支援(原則2回):3万円

公正証書遺言の作成サポート(原則3回):4万円

(自筆または公正証書いずれも予想されるリスクを記載した遺言書診断書付き)

他に公正証書作成に係る手数料が相続財産額と相続人の数に応じて別途必要です。また、証人2名(1人当たり5000円)が必要です。

パターン別料金の例・・・あくまでも目安です。

<1000万円の財産を1人に相続させる場合>

1万7000円+1万1000円+3000円(公証人に支払う手数料等)+4万円(報酬)+1万円(証人)=8万1000円

<3000万円の財産を1人に2000万円、1人に1000万円を相続させる場合>

2万3000円+1万7000円+1万1000円+3000円(公証人に支払う手数料等)+4万円(報酬)+1万円(証人)=10万4000円

<5000万円の財産を1人に3000万円、1人宛1000万円を相続させる場合>   

2万3000円+1万7000円 × 2 +1万1000円+3000円(公証人に支払う手数料等)+ 4万円(報酬)+1万円(証人)=11万円

<1億円の財産を1人に5000万円、1人に3000万円、1人に2000万円を相続させる場合>

2万9000円+2万3000円+2万3000円+1万1000円+3000円(公証人に支払う手数料等)+4万円(報酬)+1万円(証人)=13万6000円

 

☆相続開始後

○相続人確定のための戸籍取り寄せ(1戸籍;1500円)

相続人の調査及び法定相続情報一覧図(相続関係説明図)の作成:2万円~

財産の調査及び財産目録の作成:2万円~

遺産分割協議書の作成及び送付:3万円

遺産の名義書換(不動産を除く):2万円~

金融機関の解約手続サポート(1社あたり):3万円

 不動産については、司法書士と協同しています。登録免許税との関係で、別途見積もりさせていただきます。

なお、ご相談の際には、できる限り関係する資料(相続問題の場合は、相続人が分かる戸籍謄本等や、相続財産が分かる登記簿謄本や納税通知書等)をお持ちください。

 

終活支援サービス

○提案書の作成:3万円

○支援サービス;3か月10万円

        時給3000円(同行の場合)


2 セミナー・講義・講演

セミナー・講義・講演につきましては、原則として、どこでも出張いたします。内容等は事前にご相談願います。なお、報酬につきましては、交通費を含めて事前にご相談の上、決めさせていただきます。


ブログはこちら